スポンサーサイト

  • 2018.06.01 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    おばの家 今井家日本刀鍛錬場

    • 2012.01.08 Sunday
    • 14:19


    時代劇でてくるような、刀をおばの家でみたことはありません。

    ただ、素敵な美術史の図鑑はありますね。愛媛新聞によるとおじ、今井清見は日本刀の気品ある伝統美を探究したそうです。たしかに家にある書物にはその片鱗がみえます。

    かたずけをしていると、とても几帳面な資料ががでてきたと、おばが話していました。興味のあるかたがみれば、とても貴重な資料でしょうが、親戚一同素人ばかりなので、ねこに小判な資料でしょうね。

    愛媛新聞によると、玉鋼もあったようです。

    おばの家 今井家日本刀鍛錬場

    • 2012.01.08 Sunday
    • 14:18


    荷物がだいぶかたずいて、私がみても貴重だとわかる、作業の道具がでてきてます。

    おばはいまでも、メガネをかけないで新聞がよめますし、髪のキューティクルもしっかりしていて、よくおばちゃんのDNAはいいね・・なんて話していますが、ことし85歳・・私の祖父(おばの父)はおばのことを苦労するためにうまれてきたようだ・・と母にいったことがあるようですが、おばのぐちはいちどもきいたことがありません。

    おばは名もないひとりの人間ですが、いろんな人を見てきたわたしとしては、とても身近なおばに人間としての生き方を見本でしめしてもらっているようにおもえます。

    自分の人生をすごしてきた、仕事場の解体にはいろんな思いがあるとおもいますが、次の建物が町内のお役にたつ集会所になるので、おばのなかではすでに気持ちの整理ができているのかもしれません。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM